【資格】ファイナンシャルプランナー3級(FP3級)とは?

ファイナンシャルプランナー(FP)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ファイナンシャルプランナーは、お金や資産に関する相談を受け、クライアントが将来の経済的な目標を達成するための計画を立てる専門家です。

今回は、ファイナンシャルプランナーの資格について詳しく見ていきましょう。

目次

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナー(Financial Planner)は、個人や家族、企業などの顧客に対して、財務や資産に関する総合的なアドバイスや計画を提供する専門家です。

クライアントの財務的な目標やニーズに合わせて、資産管理、投資戦略、税務計画、保険、退職計画などに関するアドバイスを行います。

主な役割は次のとおりです。

資産管理

クライアントの資産や負債を評価し、最適なポートフォリオを構築します。

これには、投資信託、株式、債券、不動産などの選択が含まれます。

リスク管理

クライアントのリスク許容度を評価し、それに基づいて保険やその他のリスク管理戦略を提案します。これには、生命保険、医療保険、障害保険などが含まれます。

税務計画

クライアントの税金を最小限に抑えるための戦略を策定します。これには、税金を削減するための投資や退職プランが含まれます。

相続計画

資産の相続や遺言に関する問題を解決し、クライアントの資産が適切に分配されるようにします。

FP3級とは

日本におけるファイナンシャルプランニング技能検定試験の一つであり、初級レベルの資格を指します。

FP3級は、ファイナンシャルプランニングに関する基礎的な知識を身につけることが目的です。

一般の方々が自己の財務計画を立てる際や金融商品を選ぶ際に役立つ情報を提供します。

この資格は、ファイナンシャルプランニング業務を行うプロフェッショナルだけのものではありません。一般の個人や顧客に基本的なアドバイスを提供することを目指す方に適しています。

初級レベルのファイナンシャルプランニング知識を持つことを証明する資格であり、以下のような内容が含まれます。

  • 基本的な財務知識:収入と支出、貯蓄、借金などの基本的な財務概念に関する知識。
  • 保険:生命保険や医療保険などの基本的な保険商品に関する知識。
  • 確定拠出年金(iDeCoやつみたてNISAなど):個人型確定拠出年金や投資信託積立などの制度や商品に関する基本的な知識。
  • その他の投資:株式や債券、投資信託などの基本的な投資商品に関する知識。
  • 税金:所得税や贈与税、相続税などの基本的な税金に関する知識。

試験日程と合格基準

FP3級の試験は申し込みを行えばいつでも受験可能です。

会場も近くのテストセンターを選択することができるため、比較的簡単に取り組むことができます。

学科試験と実技試験がありますが、どちらも6割以上を取れば合格点となります。

おすすめの参考書

FP3級を勉強するためにおすすめの参考書を2つ紹介します。

どちらも人気の参考書なので、直感で好きなものを選びましょう。

1:FPの教科書 3級

FP技能士カテゴリーでAmazonランキング1位、書店売り上げランキング1位を取っている、定番の参考書です。

シンプルな解説にイメージがわく図で説明されており、理解しやすい教科書になっています。

フルカラーで赤シートも対応しているため、覚えたい用語を隠しながら勉強することができます。

2:史上最強のFP3級テキスト

私はこれを購入しました。本試験かばーるつ98.4%の無駄のない学習のできる参考書です。

この本も図で説明されていたり、重要な部分はわかりやすく工夫がされているため理解がしやすい教科書になります。

¥1,760 (2024/05/06 14:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

終わりに

いかがだったでしょうか?

FP3級は社会人が持っていて役に立つ資格の一つです。

これから金融にかかわらない人でも、お金の管理を行う上で大事になってくる資格なのでぜひ勉強してみましょう。

この記事を書いた人

コンサル/ブログ

▽経歴
コンサル:大手企業へITコンサルを継続中
ブログ:仕事に関して記事を発信中。3万/月を目指す。
1か月でGoogle Adsense合格

コメント

コメントする

目次