【厳選】おすすめなベッド3選

一人暮らしをする方、長く使って買い替えようとしている方、ベッド選びに悩んでいませんか?

ベッドはサイズが大きいため、部屋の似た目を左右します。

逆にとらえれば、ベッドをおしゃれなものにそろえれば、部屋全体もおしゃれに見えます。

今回は、そんなおしゃれでおすすめなベットを3つ紹介します!

目次

ベッドの価格

ベッドの価格は、マットレス込みだと40000~60000円が相場かなと感じました。

もちろんサイズ・マットレスの有無により価格は変わってきますが、

シングルサイズでベッドフレームのみだと30000円前後、マットレス付きだと40000~50000円想定です。

おすすめなベッド3選

種類ごとに、おすすめなベッドを紹介します。

※ベッドはサイズ・マットレス付きなどパターンが選べます。

パターンをよく確認してから購入しましょう。

1:収納付き ベッド

コスパよし見た目よしです。

ヘッドボードがあり、眼鏡や本など細かい実用品を置くことができます。

下には引き出しがついているので、荷物もコンパクトに収納できます。

自由に使える部屋面積が増えるのは良いですね♪

コンセントもついているため、気軽に充電ができます。

2:照明付きフロアベッド

LED照明がついたロータイプのベットです。

ロータイプのベッドは収納はできませんが部屋が広く見える効果があります。

枕元にはLED照明もついているため、寝る前の暗い中ベッド照明で携帯をさわったりや読書をすることもできます。

棚もあるので、携帯や眼鏡を置くこともできます。

何よりおしゃれです。1よりも少し値段は張りますが、おすすめな商品です。

3:脚付きベッド

脚がついているロータイプのベッドです。

2:フロアベッドと同様、高さが低いため部屋に解放感が生まれます。

床も見えるため、掃除がしやすく、湿気やカビに強い仕様となります。

終わりに

いかがだったでしょうか?

ベッドの寿命は10年ほどであり、一度購入すればずっと使っていくものだと思います。

そんなベッド選びの手助けに慣れたら幸いです。

この記事を書いた人

コンサル/ブログ

▽経歴
コンサル:大手企業へITコンサルを継続中
ブログ:仕事に関して記事を発信中。3万/月を目指す。
1か月でGoogle Adsense合格

コメント

コメントする

目次