部屋探しの条件は?実体験からおすすめを紹介。

これから一人暮らしをする方で物件探しは迷うのではないでしょうか。

物件を探すにも条件がたくさんあってどれが良いのかわからない。

そんな方のために、おすすめの条件を紹介します。

目次

おすすめの条件

私が実際に1人暮らしを行った際にフィルタをかけていた条件を紹介します。

考えに考え抜いたおすすめの条件なので、ぜひ参考にしてみてください。

鉄筋、鉄骨系

構造は、木造<軽量鉄骨<鉄骨造<鉄筋の順で防音性が高くなります。

木造は一番防音性がない構造となります。

私はリモートで仕事を行うこともあり、木造は避け鉄筋、鉄骨系の条件で選びました。

木造だと話し声も聞こえてしまうという声が多数あるので、プライベートを気にする方はお勧めの条件です。

駅徒歩10分以内

仕事は電車を使わず直接出勤するという方は不要の設定です。

しかし、電車を使って出勤するという方は、駅徒歩10分圏内がよいでしょう。

15分となると、仕事前後に負荷がかかってしまうでしょう。

よく出かける人であると、電車は利用する頻度が多く、徒歩10分以内がおすすめです。

2階以上

1階のデメリットは「虫が入りやすいこと」「セキュリティが低いこと」です。

しかし、2階以上であると、上記2つの懸念点は軽減できますし、日当たりが良くなる可能性があります。

実際、私が住んでいる家は、前にマンションがあり、1階は全く日が当たらないのに対し2階はしっかり日が当たります。

このようなメリットがある分、家賃は少し高い傾向にあります。

バス・トイレ別

この条件は私の中では外せないものでした。

バスの近くにトイレがあると、入浴の際にトイレに水が跳ねることで清潔感がなくなります。

また、友人などが来た際、入浴中にトイレが使用できないのでとても不便になります。

なにより、バスと一緒にトイレがあることが嫌でした。

都市ガス

プロパンガス・都市ガスの2種類ありますが、プロパンガスの方が1.5~2.0倍割高です。

長い目で見れば、都市ガスの物件を使うことで支出を節約することができます。

任意の条件

これはあればよいなという条件を紹介します。

角部屋

部屋の防音性は、周りに住んでいる住民の影響が大きいです。

隣が昼に出勤していない会社員なのか、はたまた平日もどんちゃん騒ぎの大学生かで同じ部屋でも防音性が変わってきます。

その運を少しでも抑えられるのが角部屋です。

隣の部屋が一つしかないため、良物件の可能性が高いでしょう。

しかし、下や上の階がある方は注意です。

川の近く以外

川は虫が集まりやすいです。

低い土地だと、雨の際水があふれてくる可能性もあります。

また、湿気も高く、カビなどが生えやすいです。

できる限り避けた方が良いでしょう。

線路の近く以外

線路は電車が来るので騒音に悩まされるかもしれません。

田舎ですと電車の本数が少ないと思いますが、都会だと10分に1回は通ります。

たとえ鉄骨鉄筋の物件でも、防音性が低くなるかもしれません。

南向き

南西・南・南東向きだと、日当たりが良いです。

日に当たらないと、うつ病になるリスクが高くなるという研究結果もあります。

洗濯物も干しやすいというメリットがあるので、意識できる人はしておくとよいかもしれません。

終わりに

いかがだったでしょうか?

おすすめの条件を紹介しましたが、好みや状況は人それぞれです。

自分に合った条件があれば取り入れ、なかったら自分好みに変えていきましょう。

皆さんが良い物件探しの手助けとなれたら幸いです。

この記事を書いた人

コンサル/ブログ

▽経歴
コンサル:大手企業へITコンサルを継続中
ブログ:仕事に関して記事を発信中。3万/月を目指す。
1か月でGoogle Adsense合格

コメント

コメントする

目次